【オキシ漬け】洗濯機のオキシクリーンを使用した掃除方法をプロが紹介!

洗濯機は洗濯機自身を洗う必要のある家電だということをご存じでしょうか?
洗濯槽にはカビやホコリが蓄積しており、オキシクリーンなどで定期的に槽洗浄する必要があります。
本記事では、オキシクリーンを使用したオキシ漬けの槽洗浄方法や頻度、オキシ漬けでは除去できない汚れについての対処方法について解説します。
槽洗浄の正しい方法を知ることで、洗濯機を綺麗にすることができるため、最後までぜひ最後までご覧ください。

この記事は、長年洗濯機のクリーニングに携わるプロが監修しています。
私たちの経験を生かして、洗濯機のお手入れ方法について分かりやすくお伝えします。
この情報があなたの洗濯機を清潔に保ち、日々の洗濯をもっと快適にするお手伝いができれば幸いです。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

洗濯槽の汚れ

洗濯機内部は湿気とホコリが溜まりやすく掃除が必要です。
購入から1年以上経過している洗濯機はホコリの他に、石鹸カス、水アカ、そしてカビ(黒カビ)まどの汚れが発生しやすいです。
カビや汚れを放っておくと、洗濯機の故障に繋がる可能性があるほか、洗った洗濯物から皮膚炎やアレルギー反応などに繋がる恐れもあります。
洗濯機を洗うご家庭は少ないですが、洗濯機は洗濯機本体を洗う必要のある家電だということを覚えてください。

オキシクリーン掃除の効果

オキシクリーンは酸素系の漂白剤でカビや汚れを浮かせて除去する効果があります。
「過酸化ナトリウム」を主成分としており、水と反応することで発生する酸素の泡が、洗濯槽の隅々まで行き渡り、カビや汚れを剥がし取ります。
塩素系クリーナーよりもお肌に優しく、ブクブクと汚れが浮いてくる様子が掃除中に確認できるため、掃除のやりがいを感じられるのが特徴です。

オキシクリーンの掃除方法

洗濯槽のカビや汚れは、槽洗浄という掃除方法でカビを除去することができます。
オキシクリーンの槽洗浄は月に1回を目安に行っていただくと、カビが繁殖しない状態になりやすいです。
オキシ漬けには正しい手順があるため丁寧に解説します。

STEP1:事前準備

乾燥フィルターの掃除は簡単に直ぐ終わるため、あまり事前準備の必要は無いです。
以下に必要なアイテムを紹介します。

①必要なアイテム

オキシクリーン

酸素系槽クリーナーのオキシクリーンは、お近くのホームセンターやドラッグストアで販売しています。

ゴミ取りネット

洗濯槽クリーニングのつけ置き後に浮いたカビや汚れを救う道具です。
クリーニング後に浮いた汚れをそのまま排水すると、排水口つまりの原因になります。
ストッキングなどをハンガーにかけて手作りすることもできます。

掃除用ゴム手袋

必須ではないですが、手肌を洗剤や汚れから守るために着用することをおすすめします。

バケツ

洗濯機にぬるま湯を入れるために使用します。
温水洗濯機を使用している方や、シャワーのホースが届かない場合は必要ありません。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

STEP2:オキシクリーンの掃除方法

ここからは実際に掃除をしていきます。
注意しないと、水があふれる場合があるため、正しい手順で掃除をしていきましょう!

②オキシクリーンを投入する

洗濯機の電源スイッチを入れ、洗濯機の中を空にしてからオキシクリーンを洗濯機内に入れます。
この時、洗剤投入口から入れないように注意しましょう。

③ぬるま湯を入れる

洗濯槽にぬるま湯(45〜50℃)を洗濯槽の9割くらいまでの高さまで入れます。
シャワーやホースが届かないご家庭はバケツを使用してぬるま湯を入れていきます。
温水洗濯機を使用している方は温水で給水し、その後、洗濯槽の9割くらいまでの高さまでぬるま湯を入れて下さい。
水の量によって洗濯槽の上部まで洗浄が行き届くようになりますが、泡立ちが激しいため満杯まで入れないように注意しましょう。

④洗いコースを5分行う

給水が終わりましたら、洗濯機の「洗いコース」を5分ほど行います。

⑤オキシ漬けで6時間待つ

5分ほど洗濯機を回したら、6時間ほど放置してつけ置きします。
待っている間に洗濯機のフチや洗剤投入口をブラシで掃除しておくと良いです。

【洗濯機掃除の教科書】洗濯機のフチや隙間、外側の掃除方法を解説

【洗濯機掃除の教科書】洗剤投入口や柔軟剤投入口の掃除方法を解説

⑥浮いたゴミを取る

待っている間、もしくは数時間のつけ置きが終わりましたら、洗濯機内に浮いた汚れをゴミ取りネットを使用してすくい取ります。
ゴミ取りネットが無い場合は、ストッキングなどをハンガーにかけて手作りすることもできます。
浮いた汚れをそのまま排水すると、排水口つまりの原因に繋がりますので、すくい取るようにしてください。

⑦標準コースを行う

ゴミをすくい取り除きましたら、洗濯機の「標準コース」(洗い→すすぎ→脱水)で運転します。
脱水後に、まだ洗濯槽の内側に汚れがある場合は「すすぎ→脱水」を行ってください。
汚れが確認できなくなったら、オキシクリーンの槽洗浄は完了です。お疲れ様でした!

オキシ漬けでも取れない汚れ

オキシクリーンを使用した槽洗浄を行っても、洗濯機を丸ごと綺麗にできるわけではありません。
水が届かない洗濯槽上部や、こびりついたひどい汚れなど、洗剤の力では取り除けない汚れはどうしても出てきます。
オキシクリーンの槽洗浄後に、より強力な塩素系クリーナーを使用した槽洗浄を行う方法もありますが、槽洗浄は月に1回の定期的なお手入れ方法のため、1年以上、洗濯機のお手入れを行っていない洗濯機は分解洗浄を行うことをおすすめします。

【洗濯機掃除の教科書】分解洗浄の方法をプロが徹底解説-業者の相場も紹介

洗濯機の分解洗浄は、洗濯機内部の部品を隅々まで分解して洗濯機して掃除することで、通常の掃除では取り除けない汚れやカビを根本から徹底的に洗浄するクリーニング方法です。
プロのお掃除業者だと短時間で洗濯機を丸ごと綺麗にしてくれるため、一度綺麗にした状態で、その後ご自身で定期的なお手入れを行うのがコスパ良くできるのかと思います。

【おすすめ】洗濯機の掃除業者を徹底比較!サービス内容や選定のポイントを解説

【料金】洗濯機分解クリーニングの相場と失敗しない業者の選び方を解説

まとめ

いかがだったでしょうか。
本記事では、オキシクリーンを使用した槽洗浄方法について注意点をふまえて解説しました。
洗濯槽クリーニングは月に1度のお手入れをオススメしているため、1年以上お手入れを行っていない方は、分解洗浄で一度綺麗にした状態にすることをおすすめします。
この他にも洗濯機清掃に関するコンテンツが多くあるため、気になる方はチェックしてください。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

投稿者プロフィール

三浦 拓真
三浦 拓真
洗濯機クリーニングのスペシャリスト。洗濯機クリーニングの深い専門知識と高度な技術力を誇り、月に50台以上の洗濯機を新品同様に蘇らせます。教育係としても活動し、チームの技術向上をリード。その明るく前向きな対応は顧客から高く評価され、感動と笑顔をもたらしています。