洗濯機の槽洗浄が終わった後にすることとは?プロが解説します

槽洗浄後は、すぐに洗濯してもよいのか気になる方はいませんか?
槽洗浄後には正しい手順を行わないと洗濯物に汚れがついてしまうことがあります。
本記事では、槽洗浄後の正しい手順について解説し、その他のおすすめ掃除箇所も紹介します。
ぜひ最後までご覧ください。

この記事は、長年洗濯機のクリーニングに携わるプロが監修しています。
私たちの経験を生かして、洗濯機のお手入れ方法について分かりやすくお伝えします。
この情報があなたの洗濯機を清潔に保ち、日々の洗濯をもっと快適にするお手伝いができれば幸いです。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

槽洗浄後にすること

槽洗浄後にすぐ洗濯してもよい?という疑問を持たれる方が多いですが、すすぎ洗い(空運転)後に汚れや白い粉が確認できませんでしたら、すぐに洗濯して問題ないです。
槽洗浄は月に1回行うことをおすすめしており、槽洗浄後にするすすぎ洗いの階数は、洗濯機の状態によって異なりますので解説します。

1年以上お手入れをしていない場合

購入して1年以上何もしていない洗濯機や、槽洗浄を行ってからの期間が1年以上経っている洗濯機の方は、槽洗浄後にすすぎ洗い(空運転)を2回繰り返します。
2回行う理由は、槽洗浄が終わっても、洗濯槽には小さな汚れが残っている場合が多く、1回のすすぎだけでは、次の洗濯時に洗濯物に汚れが付着してしまう恐れがあるためです。
槽洗浄後の汚れをしっかり洗い流した状態にするために、具体的な手順を紹介します。

①槽洗浄の排水が行われる

②脱水し脱水後、すすぎ洗い(空運転)を行う

③脱水し脱水後、再度すすぎ洗いを行う

④乾燥する(洗濯機のフタを開ける)

温水選択機能のついた洗濯機をご使用の場合は、すすぎ洗いの際に温水を使うと効果が高まります。
2回のすすぎ洗いでも汚れが見える場合や臭いが気になる場合は、再度、槽洗浄を行いましょう。
再度、槽洗浄を行う際は、やり方の手順を以下で記事で解説しておりますので、参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】槽洗浄コースの使い方や効果をプロが徹底解説します

1年未満の場合

一方で、購入して間もない洗濯機や、前回の槽洗浄から1年未満の方はすすぎ洗い(空運転)が1回で問題ない場合が多いです。
①槽洗浄の排水が行われる

②脱水し脱水後、すすぎ洗い(空運転)を行う

③乾燥する(洗濯機のフタを開ける)

洗濯機は湿気が溜まりやすいため、乾燥コースや換気を行いましょう。
また、窓を開けて換気を行うことも大切です。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

槽洗浄後で汚れが落ちきれない場合

もしかすると、お悩みの原因は槽洗浄で解決できないところにあるかもしれません。
なぜなら、洗濯機は部品が多く、掃除箇所が多いためです。
例えば、排水口や排水ホース、槽洗浄では落としきれない分解洗浄が必要な場合などです。
槽洗浄でお悩みが解決できなかった場合は、洗濯機のお掃除業者へ依頼すると、短時間で簡単に解消されるため、検討してみるのもよいかもしれません。
洗濯機クリーニング業者のサービス内容や料金について詳しく解説してある記事がありますので、こちらを参考にしてみてください。

【おすすめ】洗濯機の掃除業者を徹底比較!サービス内容や選定のポイントを解説

【料金】洗濯機分解クリーニングの相場と失敗しない業者の選び方を解説

その他の掃除箇所

槽洗浄だけでは、洗濯機の掃除は完了していません。
洗濯機の掃除をする箇所は多岐にわたりますので、その他のおすすめ掃除箇所について紹介します。

糸くずフィルターの掃除

糸くずフィルターは、衣類のゴミや髪の毛などを洗濯槽内に集めてくれます。
ここにもカビが発生する場合があるため、ゴミの取り出しだけではなく、こまめにお手入れを行いましょう。

排水口掃除

洗濯機の排水口は、汚れやカビがとても溜まりやすく、とくに臭いの原因になります。
槽洗浄だけでは排水口の汚れは除去できないため、排水口を取り外して、パイプクリーナーで排水口をしっかりと洗浄しましょう。

分解洗浄

槽洗浄コースではとりきれない、こびりついたカビや汚れが多くあります。
これらは、こすり洗いや専用道具を用いて洗浄する必要があるため、1年に1度は分解洗浄を行って掃除することをおすすめします。
プロの業者に依頼すると短時間で、お使いの洗濯機を丸ごとピカピカな状態にすることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。
槽洗浄後にすることは、購入して1年以上何もしていない洗濯機や、槽洗浄を行ってからの期間が1年以上経っている洗濯機の方は、槽洗浄後にすすぎ洗い(空運転)を2回繰り返し、購入して間もない洗濯機や、前回の槽洗浄から1年未満の方はすすぎ洗い(空運転)が1回行うことで槽洗浄の完了です。
槽洗浄は月に1回行うことをおすすめしますが、もし汚れが落ちきれない場合は、プロの洗濯機クリーニング業者に相談することをおすすめします。
この他にも洗濯機清掃に関するコンテンツが多くあるため、気になる方はチェックしてください。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

投稿者プロフィール

小島 裕到
小島 裕到
洗濯機クリーニングのスペシャリスト。毎月50台以上の洗濯機を新品同様の状態にしています。見過ごされがちな部分まで徹底的に清掃し、最高の状態でお客様に返却。責任を持って提供するサービスで、お客様の満足度を常に追求しています。