【洗濯機の掃除】洗濯物にホコリがつく2つの原因と対策をプロが解説

洗ったばかりの洗濯物にホコリが付着してしまう経験はありませんか?
実は、洗濯物にホコリが付着する主な原因は、洗濯槽の汚れや糸くずフィルターに原因があります。
本記事では、洗濯機クリーニング専門業者が、洗濯物にホコリが付く原因と対策方法について詳しく解説します。
本記事を読むことで、洗濯後の洗濯物にホコリがつかなくなります。
ぜひ最後までご覧ください。

この記事は、長年洗濯機のクリーニングに携わるプロが監修しています。
私たちの経験を生かして、洗濯機のお手入れ方法について分かりやすくお伝えします。
この情報があなたの洗濯機を清潔に保ち、日々の洗濯をもっと快適にするお手伝いができれば幸いです。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

洗濯物にホコリが付く原因

洗ったばかりの洗濯物にホコリが付く主な原因は、糸くずフィルターの状態と洗濯機内の汚れにあります。
洗濯機内にある糸くずフィルター内がゴミでいっぱいになっていたり破損していたりすると、洗濯物に付着してしまうこともあります。
また、一見、洗濯機は綺麗に見えますが、実は洗濯機内部はホコリが溜まりやすい構造になっており、そのホコリが洗濯物に付着してしまうことが主な要因です。
以下に原因を詳しく解説します。

糸くずフィルター

糸くずフィルター(ゴミ取りネット)は、洗濯物から出る細かい糸くずやゴミを集める役割があり、洗濯槽内またはドア近くに設置されています。
糸くずフィルターが破損していると、フィルター機能がされなくなりホコリが丸ごと洗濯物に付着します。
また、定期的なお手入れを行っていないと、フィルター内にホコリが蓄積し機能しなくなってしまうため洗濯物にホコリが付着してしまいます。

洗濯槽の汚れ

洗濯機の内部の構造は、内槽と外槽の2重構造になっており、内槽と外槽の間にホコリが溜まりやすいです。
蓄積したホコリは洗濯機を回す度に、水と巡回して洗濯物の入っている箇所へと流れ込んでいくため、洗濯後の洗濯物にホコリが付いてしまうのです。
また、内槽と外槽の間にある汚れはホコリだけではなく、カビも発生しやすいです。
洗濯槽は暗く湿気が高いため、カビの繁殖には最適な環境です。
そのため、洗濯後の洗濯物にはホコリの他、カビも多く付着してしまいます。
洗濯槽が汚い状態だと、ホコリやカビを着たまま生活していることになり、皮膚炎やアレルギー反応など、健康上の被害に繋がる恐れがあります。
また、洗濯機の故障の原因にも繋がるため、洗濯機は定期的に洗浄する必要があります。

洗濯機のホコリを取り除く方法

糸くずフィルターのお手入れ

糸くずフィルター(ゴミ取りネット)のお手入れ方法は、洗濯機からフィルターを取り外し、ゴミを捨てます。
その後、ぬるま湯と歯ブラシ等で浴室用洗剤を使用しフィルターをこすり洗いします。
洗浄後はしっかり乾燥させてから再度設置します。
ゴミ取りネットの清掃は、洗濯物を洗う度にゴミ取りを行い、月に1回は徹底的に洗浄することをおすすめします。
糸くずフィルターのお掃除方法の詳細は以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】糸くずフィルターの掃除方法をプロが解説

洗濯機の槽洗浄

槽洗浄は月に1回行うことをおすすめしています。
槽洗浄とは、専用のクリーナーを使用して洗濯槽のカビや汚れ、臭いを除去する掃除方法です。
洗濯機の槽洗浄には2通りの掃除方法があり、1つ目が槽洗浄コースを使用しないで「槽洗浄」する方法で、2つ目が洗濯機のパネルにある「槽洗浄コース」で行う洗浄方法です。
槽洗浄コースを使用しない詳細な「槽洗浄」手順と、洗濯機のパネルについている「槽洗浄コース」の詳細な手順は以下の記事で解説しているため参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】洗濯槽クリーナーの使い方をプロが徹底解説

【洗濯機掃除の教科書】槽洗浄コースの使い方や効果をプロが徹底解説します

また、洗濯槽クリーナーは塩素系のクリーナが短時間で効果も高いためおすすめしております。
洗濯機の槽クリーナーについては、下記の記事で解説しておりますので参考にしてください。

【人気】洗濯槽クリーナーのおすすめ10選!洗浄剤の種類と効果も紹介

洗濯機の分解洗浄

上記の槽洗浄では、洗濯機内部の根本的な汚れを除去するには限界があります。
洗濯機を根こそぎ掃除するためには洗濯機を分解して徹底的に掃除する必要があるため、年に1回は分解洗浄を行うことをおすすめします。
洗濯機の分解洗浄については下記の記事で分かりやすく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】分解洗浄の方法をプロが徹底解説-業者の相場も紹介

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

【豆知識】日々のお手入れ方法を紹介

ここまで、洗濯物につくホコリやカビの原因と対策について説明しました。
最後に、日常的に気を付けることで洗濯機を清潔に保つための豆知識を5つ紹介します。

とくに汚れた洗濯物はコインランドリーを活用!

極端に汚れた衣類や、大きな布団などは自宅の洗濯機で洗うと洗濯機に負担がかかります。
これらはコインランドリーを利用することで、自宅の洗濯機を保護し、効率的に清潔に保つことができます。

洗剤や柔軟剤を多く入れすぎない

洗剤や柔軟剤の過剰な使用は、洗濯機内部の汚れやカビの原因になります。
使用量は製品の指示に従い、必要最小限に抑えましょう。

洗濯物はすぐに干す

洗濯が終わったら、できるだけ早く洗濯物を取り出して干しましょう。洗濯機内に洗濯物を放置すると、湿気が原因でカビや臭いの発生を招きます。

洗濯後、フタは開けたままにする

洗濯終了後は、洗濯機のフタやドアを開けて内部を乾燥させましょう。
これにより、湿気がこもりにくくなり、カビや臭いの発生を防ぐことができます。

週に1回程度、乾燥機能を使う

乾燥機能を定期的に使用することで、洗濯機内部の湿気を取り除き、清潔に保つことができます。
特に梅雨時期などジメジメした季節には効果的です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
本記事では、洗濯物にホコリが付く原因が洗濯槽のホコリやカビであり、洗濯機の槽洗浄や分解洗浄をすることによって防げることを紹介しました。
また、糸くずフィルターに原因がある可能性もあるため、お手入れすることをおすすめします。
この他にも洗濯機清掃に関するコンテンツが多くあるため、気になる方はチェックしてください。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

投稿者プロフィール

小島 裕到
小島 裕到
洗濯機クリーニングのスペシャリスト。毎月50台以上の洗濯機を新品同様の状態にしています。見過ごされがちな部分まで徹底的に清掃し、最高の状態でお客様に返却。責任を持って提供するサービスで、お客様の満足度を常に追求しています。