【洗濯機掃除の教科書】ゴミ取りネットの掃除方法をプロが解説

ゴミ取りネットはカビが発生しやすく、衣類に付着させてしまうことがあることをご存じでしょうか?
ゴミ取りネットは定期的なお手入れが必要です。
本記事では、ゴミ取りネットのお掃除方法や頻度、交換時期について解説します。
カビ取りの正しい方法を知ることで、洗濯機を綺麗にすることができるため、最後までぜひ最後までご覧ください。

この記事は、長年洗濯機のクリーニングに携わるプロが監修しています。
私たちの経験を生かして、洗濯機のお手入れ方法について分かりやすくお伝えします。
この情報があなたの洗濯機を清潔に保ち、日々の洗濯をもっと快適にするお手伝いができれば幸いです。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

ゴミ取りネットの汚れについて

ゴミ取りネットのホコリやゴミ

洗濯機の洗濯槽内や排水口の近くにあるゴミ取りネットは、洗濯時に衣類から出る糸くずや小さなゴミを集める役割があります。
糸くずのゴミやホコリは、毎回の洗濯時に取り除くことをおすすめしています。
ゴミ取りネットのホコリが溜まりすぎると、フィルターを通過したゴミが排水管の詰まりに影響したり、糸くずが再び洗濯物に付着してしまいます。

ゴミ取りネットのカビ

ゴミ取りネットの細部やゴミ取りネットの設置場所をよく見てみると、カビや汚れが溜まっていることに気がつきます。
洗濯機自身やゴミ取りネットは湿気と暗い箇所のため、カビが発生しやすい環境です。
このカビを放っておくとカビが洗濯物に付着してしまったりするため、月に1回を目安に定期的なお手入れが必要です。
次に、ゴミ取りネットのお掃除方法を紹介します。

ゴミ取りネットのお掃除方法

洗濯機のゴミ取りネットは、プラスチック型(糸くずフィルター)とネット型(ゴミ取りネット)の2種類あります。
プラスチック型(糸くずフィルター)の掃除方法に関しては以下の記事で解説しているため参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】糸くずフィルターの掃除方法をプロが解説

ネット型であるゴミ取りネットの掃除箇所は、ゴミ取りネットに加えて設置場所の2箇所を掃除する必要があるため、事前準備から実際の掃除方法まで丁寧に紹介していきます。

STEP1:事前準備

①必要なアイテム

漂白剤

ゴミ取りネットのカビを除去するためにつけ置きを行います。

浴室用洗剤(塩素系)

ゴミ取りネットの設置個所にあるカビを掃除する際に使用します。

ブラシ(歯ブラシ)

ゴミ取りネットや設置場所の隙間のカビをこすり洗いするために使用します。

STEP2:ゴミ取りネットの掃除方法

ここからは実際に掃除をしていきます。正しい手順でゴミ取りネットを綺麗にしていきましょう!

②洗濯機から取り外す

ゴミ取りネットを取り外します。
どちらのタイプもフレームを押して手前に引っ張ると簡単に外せます。

③中にたまったゴミを捨てる

ネットを外したら、中に溜まっているゴミを取り除きます。
ホコリは水でふやかすと取り除きやすいです。

④ゴミ取りネットを15~30分間つけ置きにします

浴槽やバケツにぬるま湯(45〜50℃)を溜めます。
その中に適量の漂白剤とゴミ取りネットを入れて15~30分間つけ置きにします。

⑤洗濯機側のフィルター掃除をする

つけ置きをしている間に、ゴミ取りネットが設置されている洗濯機側の掃除を行います。
浴室用の洗剤をかけて、歯ブラシでこすり洗いを行います。
この時に注意が必要なのは、つけ置きの洗浄剤が酸素系の場合、塩素系の洗剤と混ぜないようにしてください。
塩素系の洗剤と酸素系の洗剤を混ぜると、有毒ガスが発生し、人体に影響があるため絶対に混ぜないようにしてください。

⑥ゴミ取りネットをこすり洗いをする。

つけ置き時間が経ったら、水で流します。
こびりついている頑固なカビがありましたら、洗剤をかけて歯ブラシでこすり洗いを行ってください。

⑦洗濯機を空運転させる(丁寧に水拭きする)

洗濯機側の掃除を行いましたら、洗濯機を空運転させます。
丁寧に水拭きを行えば洗濯機を回す必要はありませんが、洗濯機側のゴミ取りネットの設置個所を磨いた場合は洗濯機の空運転を行うことをおすすめします。
なぜなら、塩素系の洗剤は特に洗剤が残ったままだと、洗濯物を変色させてしまう恐れがあるため、しっかりすすぐことが大切だからです。
この時にできれば、ゴミ取りネットを設置せず、ゴミ取りネットと雑巾などを洗濯槽の中に入れて、洗濯機を回してください。
こうすることで、普段、ゴミ取りネットに隠れている箇所にも水が行き届き洗浄されます。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

ゴミ取りネットの交換時期は?

掃除をしても汚れが落ちない場合や、そもそもゴミ取りネットが破損している場合は、交換をおすすめします。
ゴミ取りネットは、ホームセンターなどで販売しているため、洗濯機の型にあったタイプを購入するのも1つの手です。
特に交換をおすすめする2パターンを紹介します。

洗ってもカビが落ちない場合

紹介した掃除方法でも取れない汚れがある場合は、交換をおすすめします。
特にネット型のゴミ取りネットは汚れが落ちにくいため2~3年に1度は交換をおすすめします。

フィルターが破損している場合

そもそもゴミ取りネットが傷んでいたりすると、ゴミ取りネットの機能自体に影響を及ぼします。
また、洗濯するたびにネットが外れてしまう場合も、ゴミ取りネットの効果が無くなってしまうため、交換をしてください。

他のカビ発生箇所

洗濯機のカビの発生個所は、ゴミ取りネットの他にも発生しやすい箇所があります。
それぞれの対処方法について紹介するため、洗濯槽の掃除と同時にお手入れすることをおすすめします。

洗剤投入口

洗濯機の洗剤投入口や柔軟剤投入口もホコリやカビが発生しやすいです。
こちらは普段目につきやすい箇所ですが、ついつい後回しにしてしまうことも多いため、この機会にぜひ一緒にお手入れすることをおすすめします。
洗剤投入口や柔軟剤投入口の掃除方法は以下で解説しています。

【洗濯機掃除の教科書】洗剤投入口や柔軟剤投入口の掃除方法を解説

洗濯パン

洗濯機の下にある台の洗濯パン(防水パン)もカビが発生しやすいです。
洗濯パンの掃除方法は2種類あり、1つ目は洗濯機を動かせる場合の掃除方法、2つ目は洗濯機を動かさずに掃除する方法です。
10分ほどで簡単に完了しますが、正しい手順で行う必要があるため、洗濯おパンの掃除方法について詳細を以下の記事で解説しています。

【洗濯機掃除の教科書】洗濯パン(下の台)の掃除方法をプロが解説

洗濯槽

一見、洗剤を使っているので洗濯機は綺麗なイメージがあるかと思いますが、洗濯槽はカビの巣窟になっており1年に1度は掃除が必要です。
槽洗浄を行うことで、ゴミ取りネットも一緒に掃除ができるため、槽洗浄をして綺麗にすることをおすすめします。
洗濯機の槽洗浄には2通りの掃除方法があり、1つ目が槽洗浄コースを使用しないで「槽洗浄」する方法で、2つ目が洗濯機のパネルにある「槽洗浄コース」で行う洗浄方法です。
詳細な手順は以下の記事で解説しているため参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】洗濯槽クリーナーの使い方をプロが徹底解説

【洗濯機掃除の教科書】槽洗浄コースの使い方や効果をプロが徹底解説します

まとめ

いかがだったでしょうか。
本記事では、ゴミ取りネットのお掃除方法や交換時期、他の掃除箇所について解説しました。
正しいカビ取り手順で定期的に洗濯機のお手入れを行い、綺麗な状態をキープしていきましょう。
この他にも洗濯機清掃に関するコンテンツが多くあるため、気になる方はチェックしてください。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

投稿者プロフィール

森藤 永太郎
森藤 永太郎
洗濯機クリーニングのスペシャリスト。毎月50台以上の洗濯機を新品同様に蘇らせることで顧客からの絶大な信頼を築いています。単に清掃を行うだけでなく、お客様とのコミュニケーションを重視し、日々のお手入れ方法について専門的なアドバイスを提供。期待を超えるサービスで、お客様に感動と笑顔をお届けします。