【洗濯機掃除の教科書】穴なし洗濯機の掃除方法をプロが徹底解説

シャープの穴無し洗濯機の特徴と掃除方法について知っていますか?
穴無し洗濯機は一般的な洗濯機と比べて、特殊な構造をしているため注意が必要です。
この記事では穴無し洗濯機の構造からメリットとデメリット、お掃除方法、そしておすすめのクリーナーについて丁寧に解説しています。
この記事を読むことによって、穴無し洗濯機についての理解が深まり、簡単なお手入れ方法が分かりますので、ぜひ最後までご覧ください。

Contents

この記事は、長年洗濯機のクリーニングに携わるプロが監修しています。
私たちの経験を生かして、洗濯機のお手入れ方法について分かりやすくお伝えします。
この情報があなたの洗濯機を清潔に保ち、日々の洗濯をもっと快適にするお手伝いができれば幸いです。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

シャープの穴なし洗濯機について

穴無し洗濯槽とは

穴なし洗濯槽とは、洗濯槽の内壁に従来の洗濯機に見られるような小さな穴が一切ないタイプの洗濯機です。
大きく特徴は3つあり、1つ目は衣類へのダメージが少ない点、2つ目は無駄な水を使わないで洗濯ができる点、そして3つ目に洗濯槽の構造上、汚れが出にくい点があります。
一般的な洗濯機は、内槽にある多数の穴から外槽に水が流れ、洗濯と脱水が行われます。
しかし、穴無し洗濯機ではこの穴がなく、洗濯時は内槽で水を循環させて洗浄し、脱水時は内槽全体を高速回転させて遠心力で水分を外槽へ押し出します。
外槽に溜まった水は外槽の底から排水させる仕組みです。
次に穴なし洗濯槽の具体的なメリットとデメリットについて解説します。

シャープの穴なし洗濯槽のメリット

カビや汚れが溜まりにくい

穴なし洗濯機の最大の特徴は洗濯機の清潔さです。
一般的な洗濯槽は、内槽と外槽の間の穴を通して汚れやカビが溜まりやすいです。
しかし、穴がないことでゴミや糸くずが洗濯槽内部から外側に流れることがありません。
そのため汚れやカビが溜まりにくく、一般的な洗濯機と比べお掃除が楽で、綺麗な洗濯槽な状態で洗濯が可能です。

節水と高い洗浄力

シャープの穴なし洗濯機は独自の水流技術で、節水と高い洗浄力を発揮する仕組みになっています。
先述した特殊な洗浄方法によって、11kgタイプの洗濯機と比較すると1回あたり約35リットルの節水効果があります。
水が少ない分、洗浄力に不安を抱えるかもしれませんが、穴がないため水流の勢いが強く、もみ洗いとこすり洗いで衣類をしっかり洗浄することができます。

衣類へのダメージが少ない

水流が激しい分、衣類へのダメージの懸念がありそうですが、むしろ衣類へのダメージは少ないです。
なぜなら、洗濯槽内の穴に衣類が引っかかることがないため、摩擦ダメージが少ないためです。
これにより、レースや細かい装飾が施された衣類や高価な服も安心して洗うことができ、衣類を長持ちさせることができます。

シャープの穴なし洗濯槽のデメリット

価格

シャープの穴なし洗濯機は、特殊な構造をしているため、一般的な洗濯機と比べて価格がやや高いです。

脱水が弱い

先述した特殊な構造で脱水を行っているため、一般的な洗濯機と比べて脱水効果が弱いです。
結果として、洗濯後の衣類の乾燥時間が長くなる可能性があります。

掃除の手間

シャープの穴なし洗濯機は特殊な構造をしているため、一般的な洗濯機とは異なる掃除方法が必要になります。
分解洗浄など根こそぎ掃除をするためにはプロでも難しい技術が必要なため、ご自身で分解洗浄をするのはかなり難しいです。
しかし、基本的な槽洗浄は難しくないため、次にシャープの穴なし洗濯槽の掃除方法について解説します。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

シャープの穴なし洗濯槽の掃除方法について

穴なし洗濯機は、一般的な洗濯機と比較して汚れが溜まりにくい設計ですが、それでも月に1回の定期的な掃除は必要不可欠です。
一般的な洗濯機の掃除方法とは異なるため、適切な手順に従って行うことが大切です。

STEP1:事前準備

洗濯槽クリーナーの掃除は簡単にできるため、あまり事前準備の必要は無いですが、必要な物を初めに紹介します。

①必要な物

洗濯槽クリーナー

酸素系の洗濯槽クリーナか塩素系の洗濯槽クリーナーを使用します。
酸素系と塩素系の違いや、ご自身の洗濯機にあったクリーナーについての紹介は後述します。

雑巾

作業中に発生する汚れを拭き取るのに使用します。

バケツ

洗濯機にぬるま湯を入れるために使用します。
温水洗濯機を使用している方や、シャワーのホースが届かない場合は必要ありません。

STEP2:掃除方法

事前準備が終わりましたら、ここからは実際に掃除をしていきます。

手順を丁寧に解説しますので、正しい方法で洗濯槽をピカピカにしていきましょう!

②洗濯機を拭き掃除する

洗濯槽や洗濯機全体の拭き掃除を雑巾でします。

③排水ホースをホース掛けにかける

排水ホースを取り外してホース掛けに上向きにかけます。
ホースをかけておかないと、水が勢いよく出てきてしまい床が濡れてしまうため忘れないようにしましょう。

④毛布コースを押す

洗濯機の電源を入れ、パネルにある「毛布コース」のボタンを押します。
機種によっては、「大物コース(洗いのみ)」で選択します。
温水機能を備えた洗濯機の場合は温水を選択すると効果が高まります。

⑤洗濯槽を空にして、クリーナーを入れる

洗濯機が動いたら、スタートボタンを押して すぐに一時停止状態にします。
洗濯機の中に何も衣類が入っていないことを確認し、洗濯槽クリーナーを洗濯槽に入れます。
おすすめのクリーナーについては後述します。
ここで、クリーナーは、洗剤投入口に入れないように注意しましょう。
ほとんどの洗濯槽クリーナーは1回分で使いきれる商品が多いです。
用意した洗濯槽クリーナーの使用量を確認して適切な量を入れましょう。

⑥洗濯槽を空にして、クリーナーを入れる

洗濯槽クリーナーを入れたら、フタを開けたまま再度スタートボタンを押します。
その後、5分程かくはんします。

⑦脱水のみでスタートボタンを押す

5分程たった後、洗濯機のふたを開けたまま「脱水のみ」でスタートします。

⑧放置する

電源を切り、ふたを閉めて、約6時間〜12時間放置します。

⑨排水する

バケツを排水ホースの先に当てたまま、排水ホースを排水掛けから外します。
排水が勢いよく出てくるため、出てきた排水を複数回に分けバケツで受けます。
浴室や洗面所までホースが届く場合はつまりが起こらないことに注意して直接排水しても良いです。

⑩排水ホースを排水口に取り付ける

排水が完了したら、排水ホースをもとの状態に戻します。

⑪脱水コースを行う

排水口に繋がった状態で排水コースを運転させます。
これにより残った槽内の洗浄液を排水します

⑫すすぎ運転をする

最後に、「毛布コース」または、「大物コース」を選び、スタートしてください。
空運転ですので、衣類や洗剤は入れないでください。

⑬完了

お疲れさまでした!
換気を行い、排水口周辺を清潔に拭き上げ、作業に使用した道具を片付けましょう。

これでも、気になる臭いや汚れが払拭されない場合は、洗濯機クリーニング業者への依頼をおすすめします。
槽洗浄クリーナーを使用して掃除を行っても、カビを完全に除去することはできません。
根こそぎ掃除を行うためには分解洗浄を行う必要があるため、相談してみることをおすすめします。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

洗濯機の分解洗浄の様子について、以下の記事で紹介しているため気になる方は参考にしてください。

プロ業者による洗濯機の掃除内容を紹介!分解洗浄で臭いやカビをクリーニング

おすすめの洗濯槽クリーナーについて

洗濯槽クリーナーとは、洗濯機内部のカビや汚れを取り除く専用の洗剤です。
湿気が多くカビが生えやすい洗濯槽を洗濯槽クリーナーを使用することで、簡単に洗濯機の内部を綺麗にすることができます。
洗濯槽クリーナーには、主に塩素系と酸素系の2種類のタイプがあります。

それぞれの特徴を紹介し、比較します。

塩素系の洗濯槽クリーナー

塩素系クリーナーは非常に強い殺菌力で、洗濯槽内のカビやバクテリアを除去します。
強力な漂白と殺菌効果がありますが、塩素ガスの発生や衣類への影響を避けるため、使用後は洗濯槽を十分にすすぎ、換気を行うことに注意が必要です。
以下はおすすめの塩素系クリーナーです。

洗たく槽カビキラー(塩素系)|ジョンソン株式会社

激落ちくん泡立つ洗濯槽クリーナー|レック

塩素系クリーナーについての詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【洗濯機の掃除】塩素系の洗濯槽クリーナー(漂白剤)のメリデメをプロが解説

酸素系の洗濯槽クリーナー

酸素系クリーナーは、塩素系に比べて環境に優しく、使用後の臭いが少ないのが特徴です。
過酸化ナトリウムを主成分としており、その発泡作用によって洗濯槽に付着したカビや汚れを剥がします。
衣類や肌に対する影響が少ないため、敏感肌の方や小さな子どもがいる家庭でも安心して使用できますが、効果までに時間がかかります。
以下はおすすめの酸素系クリーナーです。

洗濯槽クリーナー 粉末タイプ|オキシクリーン

洗たく槽クリーナー|アリエール

酸素系クリーナーについての詳細を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【洗濯機の掃除】酸素系の洗濯槽クリーナー(漂白剤)のメリデメをプロが解説

クリーナーの比較

クリーナーの価格は、種類によって差はありません。
多くの商品メーカーは塩素系のクリーナーを推奨しています。
ドラム式洗濯機の方や短時間で強力な効果のある塩素系クリーナーをおすすめしますが、
掃除後の汚れがハッキリと見たい方や縦型洗濯機で塩素の臭いが気になる方は酸素系クリーナーがおすすめです。

塩素系クリーナー酸素系クリーナー
メリット短時間で強い殺菌効果掃除のやりがいがあり肌に優しい
デメリット臭いが強い手間と時間がかかる
縦型洗濯機使える使える
ドラム式洗濯機オススメ使える

注意点として、塩素系と酸素系のクリーナーを混ぜると、有害なガスが発生してしまうため、絶対に混ぜないようにしてください。
洗濯槽クリーナーのおすすめ詳細は以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【人気】洗濯槽クリーナーのおすすめ10選!洗浄剤の種類と効果も紹介

簡単にできる日々のお手入れ方法を紹介

日々の洗濯機を使用する際に気を付けておけば、カビやホコリが発生しにくくなるコツがあります。
習慣にすることで、洗濯機を長持ちさせ掃除の際のダメージが少なくなるため、参考にしてください。

とくに汚れた洗濯物はコインランドリーを活用!

極端に汚れた衣類や、大きな布団などは自宅の洗濯機で洗うと洗濯機に負担がかかります。
これらはコインランドリーを利用することで、自宅の洗濯機を保護し、効率的に清潔に保つことができます。

洗剤や柔軟剤を多く入れすぎない

洗剤や柔軟剤の過剰な使用は、洗濯機内部の汚れやカビの原因になります。
使用量は製品の指示に従い、必要最小限に抑えましょう。

洗濯物はすぐに干す

洗濯が終わったら、できるだけ早く洗濯物を取り出して干しましょう。
洗濯機内に洗濯物を放置すると、湿気が原因でカビや臭いの発生を招きます。

洗濯後、フタは開けたままにする

洗濯終了後は、洗濯機のフタやドアを開けて内部を乾燥させましょう。
これにより、湿気がこもりにくくなり、カビや臭いの発生を防ぐことができます。

週に1回程度、乾燥機能を使う

乾燥機能を定期的に使用することで、洗濯機内部の湿気を取り除き、清潔に保つことができます。
特に梅雨時期などジメジメした季節には効果的です。

その他の掃除箇所

ここまで、洗濯槽クリーナーのお掃除方法を紹介してきました。
洗濯機の掃除をする箇所は多岐にわたります。
最後におすすめの掃除箇所について紹介します。

分解洗浄

槽洗浄ではとりきれない、こびりついたカビや汚れが多くあります。
これらは、こすり洗いや専用道具を用いて洗浄する必要があるため、1年に1度は分解洗浄を行って掃除することをおすすめします。
プロの業者に依頼すると短時間で、お使いの洗濯機を丸ごとピカピカな状態にすることができます。
分解洗浄のやり方については以下の記事で詳細を解説しているため、参考にしてください。

【洗濯機掃除の教科書】分解洗浄の方法をプロが徹底解説-業者の相場も紹介

排水口掃除

洗濯機の排水口は、汚れやカビがとても溜まりやすく、とくに臭いの原因になります。
槽洗浄だけでは排水口の汚れは除去できないため、排水口を取り外して、パイプクリーナーで排水口をしっかりと洗浄しましょう。
排水口のお掃除方法の詳細は以下の記事で解説しているため、詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

【プロが解説】洗濯機排水口の掃除方法を原因から対策まで徹底解説

まとめ

いかがだったでしょうか。
この記事では、穴無し洗濯機についてのメリットやデメリットから、お掃除方法について詳しく説明しました。
お手入れを定期的に行うことで、洗濯機を清潔に保ち、洗濯物に嫌な臭いがつくことを防ぐことができます。
この他にも洗濯機清掃に関するコンテンツが多くあるため、気になる方はチェックしてください。

洗濯機クリーニング専門店「洗濯機のまじん」のLINEでカンタン見積もり予約はこちらをクリック!

投稿者プロフィール

森藤 永太郎
森藤 永太郎
洗濯機クリーニングのスペシャリスト。毎月50台以上の洗濯機を新品同様に蘇らせることで顧客からの絶大な信頼を築いています。単に清掃を行うだけでなく、お客様とのコミュニケーションを重視し、日々のお手入れ方法について専門的なアドバイスを提供。期待を超えるサービスで、お客様に感動と笑顔をお届けします。